「自分に合う紅茶」があるって知ってた?おいしい茶葉の選び方を教えします

おいしい茶葉の選び方をお教えします おすすめ本

主婦の友社から『新版 おいしい紅茶の図鑑』が発売されました。

編集部
編集部

『新版 おいしい紅茶の図鑑』を参考に自分に合った紅茶と楽しみ方を見つけてみませんか?


「自分に合う紅茶」があるって知ってた?

「いつも何気なく紅茶を飲んでいる」という方がほとんどですよね。

でも、紅茶の茶葉にはたくさんの種類があって、それぞれに味わいが全然違う!

だから自分が「これがおいしい」「合う!」「好き」と感じられる紅茶が必ずあるんです。

「自分に合う紅茶」を見つければ、紅茶の楽しみはぐっと深く広がります。

そんな「コツ」をお教えします。

まずは産地を知ろう

紅茶は世界中で生産されています。

なかでもインド、スリランカ、中国は、世界の三大銘茶を産出する古くから名を馳せた紅茶の産地です。

産地を思い浮かべながら紅茶をいただくと味わいがより深くなります。

インド

インドは年間100万トンもの紅茶を生産している世界最大の紅茶生産国。

三大銘茶のひとつでもあるダージリンは、シーズンによって味も香りも異なります。

スリランカ

インドの南に浮かぶ小さな島。

かつてこの地が「セイロン」と呼ばれていたことから、現在でもスリランカの紅茶を「セイロンティー」と呼んでいます。

中国

お茶の発祥の地、中国。

生産のほとんどが緑茶や烏龍茶などで、紅茶のシェアは低いのですが、三大銘茶をはじめ有名な紅茶を生産し続けています。

三大銘茶をはじめ有名な紅茶を生産し続ける中国

香りと味の違いを知ろう 味わい方を変えてみよう

紅茶は生産地と茶葉の種類によって香りと味が違います。

まずは代表的な4種の特長を教えます。

ストレートティーがおすすめ インド・ダージリンティー

紅茶の王者ともいえ、高級品として最も有名。

その理由はやはり茶葉のすばらしさです。

味や香りがほかの茶葉に比べて群を抜いてすぐれ、思わずうっとりしてしまうほどの余韻があります。

澄み渡るような芳香と深い余韻はぜひストレートティーで味わいましょう。

インドのダージリンティーはストレートティーがおすすめ

ミルクティーがおすすめ インド・アッサムティー

美しく深い赤みをたたえる紅茶。

その味わいは見た目よりもさらにコクがあります。

この深い色と豊潤なフレーバー、そして重厚感のある甘みとコク。

これがアッサムティーの特色。

特にその濃厚なコクはミルクティーにぴったりです。

インドのアッサムティーはミルクティーがおすすめ

アイスティーがおすすめ スリランカ(セイロン)ティー

フローラルな甘い香りと爽快感のある心地いい渋さを持っています。

香りと味のバランスがとてもいいので、毎日飲んでも飽きがきません。

さらにアイスティーやハーブティーなどアレンジがきくのも特色。楽しみ方の幅が広い紅茶です。

スリランカのティーはアイスティーがおすすめ

お菓子やおつまみなど、お茶うけと楽しむのがおすすめ 中国ティー

緑茶と烏龍茶、紅茶の違いは発酵の度合いです。

一般に、発酵がないのが緑茶、半発酵が烏龍茶、完全発酵が紅茶とされています。

中国で生産される紅茶の持ち味は独特のスモーキーなフレーバー。

しかしその味わいはうってかわって爽やかで飲みやすいものです。

中国ティーはお茶うけと楽しむのがおすすめ

ハーブティーの効能を知ろう

爽やかな味、香りとともに健康にも良い点が注目をあびるハーブティー。

その効能を知って効果的に楽しみましょう。

代表的なものをお教えします。

[ローズピンク]便秘改善、美肌効果、精神安定など
[ローズレッド]鎮静作用、生理痛の緩和、美肌効果など
[ローズヒップ]便秘改善、利尿作用、美肌効果など
[カモミール]消化促進、冷え性改善、安眠効果など
[ラベンダー]鎮静作用、殺菌作用、疲労回復など
[ハイビスカス]疲労回復、眼精疲労予防、利尿作用など

ハーブティーの効能を知ろう

紅茶の楽しみ方は無限大

ストレートティーやミルクティー、アイスティーとして楽しむだけでなく、ジャムやウォッカを混ぜたロシアンティーや、果物を入れたフルーツティー、生姜を加えたジンジャーティーなど紅茶の楽しみ方はたくさんです。

キーワード検索